親父の困った
アトピーで休んじまった月曜日、
皮膚科帰りにそのまま心斎橋へ。
もちろんお目当ては「川福」です。
ずっと気になっていた「親父の困った」というメニュー、
ついに頼んでしまったぜ。
f0016642_1383242.jpg
冷たいうどんと思いきや、
f0016642_139032.jpg
生ぬるい!?
だしはかなり甘めなので、ボリューミー。
ちょいと微妙な感じでした。
やっぱり基本は温いうどんだな、おいら。

ところで心斎橋にある皮膚科に通っているのだが、
そこの先生に
気付けば10年以上(病院はまたぐけど)もお世話になっているではないか。
春先に湿疹が悪化することだけでなく、
職場の人間関係で疲弊しきっていたときや
仕事がうまくいってなかったときや
眠れないときや
何かもやもやしたものを抱えているとき、
とにかく話をしに行っていたので
私の悩みは全て把握しているといっても過言ではない。
皮膚の状態は、よれよれ~な状態であったのだが、
その先生をもってして、
「でも今の仕事はうまく行ってそうやん」
と言わしめた私の表情は、案外明るいものだったのかもしれない。

そういえば、悩みはいつも仕事のこと。
占いでも仕事のことしか見てもらったことないし。
ちったぁ色っぽいことで悩んでみたいぜー。
[PR]
by nanan4717 | 2008-03-24 23:51 | 食べるしあわせ


<< ファンタスティックチェコアニメ 湿疹がひどいので休ませてくださいー >>